プロフィール

かのしょー

Author:かのしょー
アニメの感想やホビー関連が
メインです

当ブログはリンクフリーです

相互リンクは常時募集中です
相互リンクをしてくださる方は
こちらへお願いします

おすすめのアニメ・ゲームがありましたら下の記事にコメントしていただけると嬉しいです

視聴済みアニメ一覧
【2014/02/19更新】

クリア済みゲーム一覧
【2012/12/25更新】

現在の痛部屋 ver.4
【2013/03/23更新】

遊戯王OCG デッキ紹介
【2014/02/19更新】


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

人気サイトランキング



カウンター
カテゴリ

リンク
検索フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SN3S0009.jpg


表紙はエスト、レスティアとダブルヒロインが揃っています
揃っているだけでも感慨深い物があるというのにレスティアにエストが抱きついているような構図が実に素晴らしい


安易に『神○○』という表現を使うのは好ましくないとは思いますがこればかりは神表紙と言わざるを得ない!


え?クレアがヒロイン??
あー……でも作者も精霊たちをダブルヒロインって言っちゃったし…



内容は9巻に引き続き剣舞祭決勝の真っ只中


挿し絵で『あーん』してるミュアが可愛すぎる…!
今回はどの挿し絵も良かったです……最後を除いてw


ミュア仲間加入来るか、と期待をしましたが残念ながら加入ならず…

まあ、仲間になったらなったであの能力は生かしづらそうですもんね…
連帯を意識したチーム・スカーレットの戦術と真逆ですし仕方ないか…

でもいつか何らかの形で再登場してくれたら嬉しいな




ルビア姉様はやはり強かった…
炎を凍らせる蒼い炎、何という厨二スキルww
青じゃなくて蒼なのがポイントです!
いつまでも子どもの心を忘れずに、がモットーな私としてはこの厨二スキルはテンションが上がりました


クレアがフィアナにスカーレットを託すシーンの挿し絵も先程触れたミュアの挿し絵に劣らぬ魅力がありました
クレアのああいう表情のイラストはけっこうレアなのではないでしょうか

クレアはいつもエロネタっぽあ挿し絵ばかりだった印象しかありませんw


リンスレットがカミトたちと合流前に出会った精霊、ここではまだ特に大きな動きはなかったな…

重要なキャラっぽいのになかなかどういう役回りになるのかが見えてこないですね…



ルビアと戦う前のレオノーラ戦は生き生きと戦う二人に魅せられました

バトル系の作品の強キャラの中には出番が増える度にどんどん弱そうに描かれるキャラも多々いますが、レオノーラは全くそういったことがなく安定して強キャラポジションにいますね


カミトやミュアと比べると格が落ちるとはいえ教導院出身のリリィを圧倒したり、カミトに負けた後もリンスレットたちを助けに行ったりと活躍の場がしっかりと与えられているからかな?

キャラ自体もけっこう好きなので剣舞祭が終わっても登場して欲しいです


そしてリンスレット、エリスとシェーラの戦い
リンスレットのフェンリルがパクられてしまいましたが、これはあの地下の精霊と契約するフラグと見ていいのだろうか…

今回はレオノーラ戦、ルビア戦とカミトにとって重要なストーリーは一段落となりましたが、今度は代わりにリンスレット関連で先の気になるストーリーが出てきましたね
こうやって次々と気になる要素が出てくるというのはワクワクします



今回の一番の見所であるカミトvsルビア
最初に見たときはルビアは強すぎて誰も倒せないのではないかと感じさせられましたが、今回は今まで見せなかった動揺する様子やクレアに謝罪するシーンなどがあり、以前は感じなかった人間らしさが宿ったからかボスとして程よい強さに感じました


途中、魔王として目覚めたカミトをクレアが口づけ正気に戻すシーンでついにクレアがヒロインの座を取り戻したかと思いましたが、その後のシーンに全部持っていかれた感が…


その全てをかっさらっていったシーンがカミトの二刀流シーンだから仕方ないよね
レスティアとエストによる二刀流はいつかは絶対来ると思っていましたが、いざ来ると胸が踊りました

私が二刀厨である、ということもありますが、カミトと精霊二人のこれまでの関係を振りかえると胸が熱くなりました


しかし、最後の『天双絶閃衝』のシーンでの挿し絵はちょっと酷い、かな…w

二振りの大剣とカミト自身にしっかりと焦点を合わせたうえでカッコイイポーズを描くのは難しいのでしょうが、あれはないでしょ……
今巻で唯一残念な点です



まあ、この絵の残念さは置いておくとして、


前座のレオノーラ戦で師匠直伝の最終奥義で勝利



ラスボス戦で再び最終奥義を使うものの失敗



最終奥義をさらに強化した技でラスボスを撃破


というバトル作品の王道の中の王道みたいな流れは、今までハーレム色の強かったこの作品ではとても新鮮に感じ勝手に一人で盛り上がっていました




ルビアを倒しとりあえずは一区切りといった感じですが、まだ残された問題が多いためこの先の展開にも期待したいです


SN3S0010_20130323050543.jpg

さて、お次はもう一つジャケ買いしてみたラノベ『カレントテイル』に関して

表紙を見て『萌え』+『バトル』が好きな私はそのままレジに持っていきました

内容はぶっちゃけるとfate/stay nightとほぼ一致w
ロクに知識もない主人公が偶然美少女騎士を呼び出してしまった、なんてまさにまんまですよねw

しかしまあ、元々fateにそこまで思い入れとかはないためパクりっぽいのもあまり気にせずに楽しめたと思います

でもとりあえず1巻の時点ではまだ様子見だよね
本番は2巻からかな


最近になり今まで買っていたラノベのほとんどを切り、剣舞しか読むものが無かったためこの『カレントテイル』が継続して読みたくなるような作品になってくれたらいいなと思っています
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ライトノベル - ジャンル:本・雑誌

<< 更新再開 // ホーム // 咲-saki- 阿知賀編 episode of side-A 第14話『憧憬』感想 >>

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック URL
http://mahora16.blog99.fc2.com/tb.php/2446-fbd11738
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。