プロフィール

かのしょー

Author:かのしょー
アニメの感想やホビー関連が
メインです

当ブログはリンクフリーです

相互リンクは常時募集中です
相互リンクをしてくださる方は
こちらへお願いします

おすすめのアニメ・ゲームがありましたら下の記事にコメントしていただけると嬉しいです

視聴済みアニメ一覧
【2014/02/19更新】

クリア済みゲーム一覧
【2012/12/25更新】

現在の痛部屋 ver.4
【2013/03/23更新】

遊戯王OCG デッキ紹介
【2014/02/19更新】


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

人気サイトランキング



カウンター
カテゴリ

リンク
検索フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
SN3S0008_20130323050544.jpg

ついに最終話
決勝は本編待ちなんだから本編はよ来てくれ…w



ここに来て思い出したかのように穏乃の能力と山を関連付けてきましたね
以前から昔から山でよく遊んでいる、くらいは言われていましたがそれでも今回にいきなり山がどうこう、というのは些か急すぎるような気がしました


で、その山を駆けたことにより得た能力は山の支配による能力の無効化かな
衣の海底、淡の配牌操作・ダブリー裏4を使えなくしたりとまさに魔物キラーですね


和は2年間のネトマで純に『ミスが多くて下手』と言われるデジタル打ちを身につけた
そして穏乃はその時山を一人で走り回っていたことで対・魔物能力を手に入れた


……山走った方がよくね?
まあ、和がミスが多かったりしたのはネトマとリアルのギャップに苦しんでいただけなんですけどね


穏乃の能力は発動が遅かったので、もしかしたら試合が進むごとに穏乃の支配が強まっていくのかもしれませんね
だんだんと試合が進む度に支配の範囲が広がっていく感じなのかなと考えています



そして途中であった穏乃の見逃しからのツモ和了


もし穏乃が新道寺から1300を出和了りしていた場合は


阿知賀 111700
千里山 102600
新道寺 97900
白糸台 87800

となり、この状態で淡がオーラスに穏乃に跳満を直撃させると

千里山 102600
白糸台 99800
阿知賀 99700
新道寺 97900


だったのが、1300を見逃し300・500をツモ和了したことで

阿知賀 111500
千里山 102100
新道寺 98900
白糸台 87500


が、


千里山 102100
阿知賀 99500
白糸台 99500
新道寺 98900


にしかならず阿知賀を落として勝ち上がることができなくなっちゃったんですね
こんなことされたらそりゃあ淡ちゃんもあんな顔芸紛いの表情にもなるわw


しかも淡はカン裏が乗る前提で考えていましたが結局それも乗らずに最終的には2位という


まさに『哀れなやつだな』状態w
淡、自分で言った直後にブーメラン返ってきてるよ…w


1位で決勝進出を決めたのは阿知賀

本編読者的には咲の目標である照や、天照大神の一角として登場時から期待されていた淡がいる白糸台を自然とラスボスだと思い込んでしまいますが、その白糸台も今回の準決勝ではどうもパッとしなかったためラスボスっぽさが薄れてしまいました

かと言って準決勝までロクに試合も描かれなかった阿知賀が清澄の前に立ちはだかる最強の敵、には見えないですし…


全国の準決勝だから4校の力が拮抗しているから圧倒的な描写がしにくいのはわかります
が、その圧倒的な描写を照の強さを示すために使ってしまったため白糸台の他のメンバーが無能っぽく描かれてしまったのは残念でなりません


白糸台は照以外は皆収支がマイナス
いくら照が稼ぎすぎたのを調整するためとはいえこれは酷いと思いました、特にマタンゴw


-60000近くって半荘2回トンでお釣りがくるじゃないか…

しかも決勝は相手にのどっちがいるから汚名返上のチャンスすら無いという…


淡も登場時の期待に比べるとやや格が落ちたように感じます
が、姫子は部長のリザベ込みでの火力(マタンゴが不甲斐なさすぎたこともある)で竜華も怜召喚と二人でかかってきているのでやられてしまうのは仕方ないとして、やはり今までまともに描写が無かった穏乃の能力お披露目時のかませっぽくなったのがキツいですね


で、敗退した残りの2校

まずは千里山ですが、間違いなく戦犯は泉でしょうねw
でも泉は何だかんだでこの悔しさをバネにセーラみたいに学校を引っ張るエースへと成長してくれるんじゃないかと思います

千里山は大将戦開始前までは怜のみが能力者という感じでしたが、大将戦にて竜華に怜の能力の一部が付与されました

このことで竜華の素の力がどんなものなのかが全くわからないまま終わってしまったのは残念です


回想の怜のセリフから恐らく竜華も無能力者、しかも実力は怜、セーラと続いて3番手であると予想されるため何かしらの能力が無ければあの卓には入れなかったのでしょうが、もう少しなんとかならなかったのか…

2回戦をもうちょっとちゃんと描いていれば良かったんですけどね
私はあまり好きなチームではありませんが、千里山は人気が高いチームなのでもう少し対局の描写を増やしたりしたら全体の評価が変わってきたように思います
……もちろん『阿知賀編』なため阿知賀もそれと同等かそれ以上の濃い描写が必要になりますがw





続いて新道寺

前年までと違い哩のポジションを変えたことでかなり火力が高いチームになったみたいですが、先鋒にすばらを置いた作戦は果たして正解だったのだろうか…


照が先鋒で試合を終わらせた試合は1回しかないらしい(詳しくは知らないw)のであまり先鋒のトビは考えなくてよかったような気がします

先鋒は単純にトップ回数は少ないもののラスを引く回数も少ない手堅い打ち手なんかが良かったんじゃないかな…


とは言えトバないことが仕事、と先鋒に据えられたすばらを戦犯と言うのはお門違い
なので戦犯はやはり政治が悪い人、でしょうか?

悪くは無かったんだけど和了れなさすぎたんですかね



千里山、新道寺とどちらも魅力あるチームだと思うので何らかの形で再登場してくれるといいですね


最初から阿知賀の対局は全て準決勝くらいの密度だったらもっと満足できたのにな、という点が少々心残りでしたが本編よりもより能力重視な試合は本編とは違った面白味があり好きでした






で、咲-saki-本編の今後の話になりますが…

勝ち上がった阿知賀と白糸台は現在連載されている本編のBブロック準決勝の1位、2位と決勝で戦うわけです
阿知賀、白糸台は阿知賀編にて半分以上手は見せていて、恐らく勝ち上がる本編主役の清澄は言ふべきにあらず
そして残りの一校も準決勝で最低でもある程度は力を見せてくるはずです


となると読者は今までと違って全チームの手の内を知っていることになります

この状態でどうやって面白く見せてくれるのか…楽しみです


しかし、それが見れるのは数年後になるかもしれないという絶望



まあ、新たな番外編をやるみたいですしそちらで繋ぎながら気長に待ちたいですね
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:咲-Saki- - ジャンル:アニメ・コミック

<< 咲-saki- 阿知賀編 episode of side-A 第14話『憧憬』感想 // ホーム // ラブライブ! 第11話『最高のライブ』感想 >>

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック URL
http://mahora16.blog99.fc2.com/tb.php/2442-c0ffc86d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。