プロフィール

かのしょー

Author:かのしょー
アニメの感想やホビー関連が
メインです

当ブログはリンクフリーです

相互リンクは常時募集中です
相互リンクをしてくださる方は
こちらへお願いします

おすすめのアニメ・ゲームがありましたら下の記事にコメントしていただけると嬉しいです

視聴済みアニメ一覧
【2014/02/19更新】

クリア済みゲーム一覧
【2012/12/25更新】

現在の痛部屋 ver.4
【2013/03/23更新】

遊戯王OCG デッキ紹介
【2014/02/19更新】


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

人気サイトランキング



カウンター
カテゴリ

リンク
検索フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
けっこう綺麗に終わったな、という印象
挿入歌による感動のシーンの盛り上がりはあまり感じられませんでしたが、先輩がぱんにゃを送り出すシーンはちょっと感動的でした

ぱんにゃを親の元に還す話がメイン、その裏でここ最近で思い出したかのように浮上した学園統合の話

でもその統合の話で今まで先輩・紗凪の影に隠れていた愛理に出番が与えられていたのは良かったです
久々に愛理の笑顔を見た気がしますね

それにしても真っ先に署名活動の手伝いを買って出る隼太はホントいい奴ですね
出番は少なくてもかなり好印象です


それに比べて桜乃は終始ただ主人公の妹、というだけでした…
終盤モブみたいになっていたメイドでさえメイン回があったというのに




前述のように先輩とぱんにゃの別れのシーンは挿入歌による盛り上げの効果は感じられなかったものの涙を目に溜めながらも「思い出をありがとう」と送り出す先輩の姿はグッと来るものがありました
この別れのシーンで動物嫌いだった愛理が自分からぱんにゃを撫でたのも良かったです
ヒロインとはならなかったけれども全編を通して愛理の成長も十分に感じられました


ぱんにゃとの別れや学園統合など最終話に詰め込みすぎな気がしましたが、綺麗に収まっていて良かったです
でも最後にああいうセリフがあるからにはやはり最終話のサブタイトルが『ましろ色シンフォニー』の方が良かったように思ったりもしましたが…



全話通しての感想としましては、最初の頃はヒロイン全員にまんべんなく出番を与えた上でパッケージヒロインっぽくてキャスト欄の2番目に名前がある愛理エンドで終わるのかな、と思い尺の心配をしていました
そのため愛理がデレに至るまでの描写が時間をかけて描かれていたこともあり、これから先愛理との関係はどんな風に進展して行くのかと勝手に楽しみにしていました
まさかここが愛理の全盛期だとは思わなかった…

中盤に差し掛かりみうと紗凪の新吾を巡る話になると、愛理が置き去りになりこのまま最初の予想の通り愛理エンドにしようとしたらメチャクチャになるんじゃね?と不安になりました

しかし回を追うごとにみう√っぽくなってきて今度はだんだんと妹キャラの桜乃の出番が心配になりつつも、先輩√ならそれもいいんじゃないかなと思うようになりました
正直この辺りが一番観ていて面白かったです
「オカカカケヨウネー」の先輩がまさかヒロインになるかもしれないとは、という衝撃もあり来週さんが楽しみになっていました

みうとその√に深く関わる(と思われる)紗凪に焦点が当てられぬこ部がメインになったこと事態には不満はなかったのですが、ただ話自体はちょっと地味に思ってしまいました

それでもまさかのみう先輩エンドだったり、他のヒロインがモブっぽくなってたり、独身宣言があったりと見所もあったし楽しめました





余談ですが、みうエンドになった今、改めてOPを観ると何気に誰エンドになるかをぼかす意図があったのかな、とも思えたりしましたw
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ましろ色シンフォニー - ジャンル:アニメ・コミック

<< WORKING'!! 第12話『デイジー死す』感想 // ホーム // 今期終了アニメ(9月終了作品)の評価をしてみないかい?14 >>

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック URL
http://mahora16.blog99.fc2.com/tb.php/1965-e8de44a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
完璧の交尾終わったらしい。そして、部室でいちゃいちゃする。その様子を4人に覗かれてた。そして、パンニャのリリースの準備を始める。サナ:みんな、ママニャがいた。あれは、パ...
[ ぺろぺろキャンディー ]
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。