プロフィール

かのしょー

Author:かのしょー
アニメの感想やホビー関連が
メインです

当ブログはリンクフリーです

相互リンクは常時募集中です
相互リンクをしてくださる方は
こちらへお願いします

おすすめのアニメ・ゲームがありましたら下の記事にコメントしていただけると嬉しいです

視聴済みアニメ一覧
【2014/02/19更新】

クリア済みゲーム一覧
【2012/12/25更新】

現在の痛部屋 ver.4
【2013/03/23更新】

遊戯王OCG デッキ紹介
【2014/02/19更新】


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

人気サイトランキング



カウンター
カテゴリ

リンク
検索フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ケイネス先生退場のお知らせ!?
ソラウさんの目が怖すぎですw



タイトルの通り各陣営のマスターとサーヴァントの関係がよく分かる話でした



■ケイネスとランサー

切嗣との戦いで受けた起源弾の影響で戦えない身体となってしまったケイネスに代わり、ソラウがその手に残り2画の令呪を宿しランサーを従えることに
が、ランサーは納得せずあくまで自分の仕える主はケイネスだと言い張ります

ケイネスはランサーに対して苛立ちを募らせているような場面やセイバーとの正々堂々の戦いを良しとしないシーンがありましたが、それでもランサーはケイネスを主と定め忠誠を誓っているようです
なんていいサーヴァントなんだ……


と思うところですがぶっちゃけランサーとしては主は誰でもいいんですよね
ただ自分を呼んだ主に騎士として仕える、という部分が大事なだけで
だから最初に自分を呼んだケイネスに忠義を誓い、ソラウに鞍替えするのを拒んだみたいです

お互いにもう少し相手を理解する気持ちがあればこういう展開にはなっていなかったのかもしれません


ソラウはソラウでケイネスの身体を元に戻すために聖杯をとる、とランサーに言ったのも怪しいところですね
実際はケイネスはどうでも良くてランサーとより強い絆で結ばれたいがために令呪をケイネスからかなり強引な方法で譲ってもらっただけのように見受けられます


ケイネス、今お前は泣いていい…!





■ウェイバーとライダー

『』の関係としてはあまりよろしくないランサー陣営に対してライダー陣営はなかなかいい感じです

初歩的な方法でキャスターの居所を突き止めたウェイバー
それを褒め称えキャスターを狩ろうと勇むライダーとバカにされてたと怒りながらもライダーにその気はなく素直な賞賛であると気付き照れるウェイバー
最初こそ魔術師らしくやや固めのウェイバーと豪快に物事を進めたがるライダーの相性は悪いかと思いましたが、だんだんと良い関係になってきたように思います

それとライダーはちゃんとズボンを買ってもらい晴れて覇者の装束で現世を歩くことができるようになったようですw


キャスターの工房は魔物がわんさかいましたがそこをライダーは豪快に戦車で爆走
セイバーとランサーを数で圧倒していた魔物もあの狭い空間にライダーの では足止めにすらなってないみたいです

旦那のアジトにて今まで切嗣以外のマスターには死んだと思われていたアサシンがついにウェイバーに襲いかかりますがライダーの反撃にあい退散
アサシンさん、そりゃあがっつきすぎでしょうよw


■綺礼とアサシン

ついに他のマスターにアサシンが生存していることがバレてしまったマーボー
こちらの関係はアサシンから綺礼に対しての思いは描写されていませんが綺礼からしてみればアサシンは時臣を勝たせるための駒
アサシンとて聖杯戦争に呼ばれたからには成就させたい願いがあると思うのですが、綺礼には関係なさそうですね
時臣のアーチャーを勝たせるために駒に使われるアサシン…
こちらも泣いていいはずですw


■切嗣とセイバー

セイバーは切嗣が自分とは口をきかないと分かっているためアイリを通してキャスター討伐を進言しますが切嗣は最初からセイバーがそう言うだろうと思っていたらしく全く取り合いません

切嗣がセイバーを徹底して無視し続ける理由は不明ですが、セイバーも切嗣は自分とは話さない、と諦めてしまっているようですね

元々話し合ったところで切嗣の闇討ちにセイバーが協力するはずもないでしょうし、セイバーの正々堂々の戦いを切嗣が黙ってみているだけなんてことはあり得なさそうですし根本的に相性が悪いんでしょうね、この二人は

マスターとサーヴァントとの関係としては恐らく最悪の関係でしょうね



今回は主にこの4組の関係が描かれていました
ここに出ていない残りの3組も大まかな関係はだいたい把握できるくらいには今までに描写がありました


時臣とアーチャーは、今のところ時臣はサーヴァントに対するものとは思えないくらいの礼を払っていて対するアーチャーは時臣を「つまらない奴」と評しながらもまあ従ってやらんこともないか、といった感じでしょうか
時臣はアーチャーに敬意を払いながらもその行動には手を焼かされているようですし、あまり描写のない時臣の本心が気になるところです


龍之介とキャスターは他のどの陣営よりも良好な関係を築いているみたいです
旦那のクールな殺人に対する哲学に龍之介が共感し、キャスターもまた自分の美学を分かってくれる理解者として龍之介を見ており理想的な師弟関係に思えます
やっていることは外道ですがw

ところで旦那が単独でセイバーに会いに来た時、龍之介はどこで何をしていたんでしょうね


みんな大好き雁夜おじさんは相方がバーサーカーなため関係も何もない状態
しいてあげるならセイバーに勝手に襲いかかるバーサーカーは命を削りながら戦う雁夜にとっては悩みの種みたいですね
上手くセイバーと鉢合わせないように立ち回らせればいい線行けるよ!……きっと



次回はロリ凛の登場
死にそうな雁夜おじさんも出てきそうですね
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:Fate/Zero - ジャンル:アニメ・コミック

<< 探偵オペラ ミルキィホームズ 第9話『MHの悲劇』感想(再放送) // ホーム // ましろ色シンフォニー 第8話『こねこ色の黒と白』感想 >>

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック URL
http://mahora16.blog99.fc2.com/tb.php/1945-a44c28a7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ランサーのディルムットの昔話。グラニヤさんを嫁にする?ランサーのマスターのケイネスが目を覚ます。魔術回路をやられて、重症だった。二度とサッカーできない体になったとソラウ...
[ ぺろぺろキャンディー ]
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。