プロフィール

かのしょー

Author:かのしょー
アニメの感想やホビー関連が
メインです

当ブログはリンクフリーです

相互リンクは常時募集中です
相互リンクをしてくださる方は
こちらへお願いします

おすすめのアニメ・ゲームがありましたら下の記事にコメントしていただけると嬉しいです

視聴済みアニメ一覧
【2014/02/19更新】

クリア済みゲーム一覧
【2012/12/25更新】

現在の痛部屋 ver.4
【2013/03/23更新】

遊戯王OCG デッキ紹介
【2014/02/19更新】


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

人気サイトランキング



カウンター
カテゴリ

リンク
検索フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
まゆりの名推理により鈴羽の父親がダルであることが明らかに
ダルが父親だということにはもちろん驚きましたが、何よりまゆりがこの謎を解いたということに驚きました

いつもならまゆりが気付く前に岡部か紅莉栖が気付いてそうなものですが…

ダルもあの年齢で父親、そして岡部たちの時間で数時間後にはお祖父ちゃんかもというすごい状況でしたねw

鈴羽が乗ってきたタイムマシンは過去にしか遡れず、鈴羽がと今と同じ姿で岡部たちと再会することはできないようです
が、それでも鈴羽が父親の悲願を成し遂げて、次は自分の人生を幸せに歩めるならいいかな、と思っていました

ところがタイムマシンには先日の雷雨で欠陥が生じており、鈴羽はタイムトラベル先で記憶を失ってしまったようです
記憶が戻ったのは随分経ってからで当然IBN5100を手に入れる作戦は失敗…

それまで記憶を失いながらも普通の生活をしていた鈴羽が記憶を取り戻してしまったときの絶望感を思うと胸が痛くなります
鈴羽の絶望はあの「失敗した」という言葉が大量に書かれた手紙と自殺したということからどれ程の物だったかがうかがい知れます…

鈴羽の心境を考えるのも苦しいですが、手紙を読んでいる時や読み終えた後のダルの表情にも辛さが滲み出ていましたね…


岡部は今度はDメールを用いてやり直そうとします
ここで珍しくまゆりが強い口調で制止しようとしますが岡部は送信ボタンを押してしまいました
この時の岡部はまゆりの死を繰り返し味わったことで仲間の死に対してより敏感になっているのかもしれませんね

結局鈴羽はタイムトラベルした先で病死していましたが、ダイバージェンス数値は変化しており、まゆりの死も回避できた…のか??

でもまだ鈴羽が言う1%には程遠いですね
それにこれで納得する岡部ではないでしょうし…

次回からどう動くのかが気になるところです



そういえば今回はミスター・ブラウンが思わぬところで活躍(?)しましたね

もうブラウン氏もラボメンにするというのはどうだろうか!?

…って何でですかー
関連記事
スポンサーサイト
<< バカとテストと召喚獣にっ! 第2話『僕と浴衣とお祭り騒ぎっ!』感想 // ホーム // 遊戯王ゼアル 第15話『死闘、決闘庵 伝説のモンスター復活!!』感想 >>

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック URL
http://mahora16.blog99.fc2.com/tb.php/1847-185ec8bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。