プロフィール

かのしょー

Author:かのしょー
アニメの感想やホビー関連が
メインです

当ブログはリンクフリーです

相互リンクは常時募集中です
相互リンクをしてくださる方は
こちらへお願いします

おすすめのアニメ・ゲームがありましたら下の記事にコメントしていただけると嬉しいです

視聴済みアニメ一覧
【2014/02/19更新】

クリア済みゲーム一覧
【2012/12/25更新】

現在の痛部屋 ver.4
【2013/03/23更新】

遊戯王OCG デッキ紹介
【2014/02/19更新】


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

人気サイトランキング



カウンター
カテゴリ

リンク
検索フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「どうした吉田!?おい、大丈夫か?吉田!……ヘッ、なぁ~んてなぁ!グフフ…バカがwwバァ↑カがぁ!!フフフ…ヒャッハッハッハハハww」

闇・メシ島先生w
ついに本性をあらわしましたねw
しかし清々しいまでの屑っぷりだ…w

「先生の夢はメシを腹いっぱい食うことだ」とかいってた頃が懐かしい…

河浪さんはこいつをマークしているみたいですが、いったいどういう関係があるのかはよく分かりません
ただ少なくともメシ島の味方ではない、ということとメシ島によると河浪さん自身も夢魔の器だということは明らかになりましたし、今後アニメオリジナルの展開になるに連れて出番は増えていきそうですね

そして夢路、メリー、由衣、エンギはランズボローの白昼夢の中で夢魔が人々の夢に住む、ということを知ります
つまり夢魔を殺すとその器の人間の夢も無くなってしまうということですね
これが「夢無くし」と呼ばれるものの正体みたいです

メリーは自分は送り返しているのだから大丈夫、と思う反面エンギにはっきりと「そんなことは不可能だ」と言われたことが引っかかっているようです
メリーもエンギもけっこう精神的には脆い描写が多く、逆に夢路や由衣は彼女らを支えるシーンが多く精神的に強いことを表す描写が目立ちます
ランズボローが人々の夢のことを「一番迷子になりやすい」と言っていますし、そこに住む夢魔もまた精神が揺れやすいのかもしれませんね


今のところのアニメの展開ではランズボローとそのバックにいるであろうエルクレスと、人の夢をぶち壊すことに愉悦を感じているメシ島とミストルティンという二通りの敵がいることになります

しかし原作ではランズボローとの決着はメリーのスランプの克服という大きなポイントを挟むうえにもう一人強敵の夢魔が現れ、ジョンまで再登場し夢路にも新たな力が…というすごくボリュームのある内容となっているため、残り数話しかなくましてやもう一つの敵陣営が存在するアニメでのランズボローとの戦いはかなり扱いが難しそうです

アニメオリジナルの展開にするからにはミストルティンをアニメでのラスボスに位置づけるでしょうし、ランズボローの方に回す尺はなさそうな気がします
ならばエンギの一時離脱もなくもしかしたらミストルティン戦ではメリーと共闘も実現するかも、と思いましたが次回予告を見る限りエンギの一時離脱になる経緯は普通に描かれそうな気がします…

これから色々と魅力ある展開が期待できそうな気はするのですがいかんせん尺が…
いっそのことランズボローは出さない方が良かったようにも思います


多分次回でエルクレスをちょこっと出してその後は話の軸を完全にミストルティンの方にして最終話にミストルティンを倒したけどまだエルクレスとか倒さなくちゃいけない敵がたくさんいるぜ!的な流れになると勝手に予想します

次回あたりで河浪さんの秘密も少し明らかになるといいな
関連記事
スポンサーサイト
<< IS<インフィニット・ストラトス> 第10話『その境界線の上に立ち』感想 // ホーム // カン☆コーン! >>

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック URL
http://mahora16.blog99.fc2.com/tb.php/1724-94ae1eef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
イサナさんが先生に狙われる。メリーさんと、エンギが誰かと戦う。メリーは送り返すいうが、エンギは不可能だいう。そして、メリーは敵を倒せなくなる。エンギが倒す。ためらいはな...
[ ぺろぺろキャンディー ]
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。