プロフィール

かのしょー

Author:かのしょー
アニメの感想やホビー関連が
メインです

当ブログはリンクフリーです

相互リンクは常時募集中です
相互リンクをしてくださる方は
こちらへお願いします

おすすめのアニメ・ゲームがありましたら下の記事にコメントしていただけると嬉しいです

視聴済みアニメ一覧
【2014/02/19更新】

クリア済みゲーム一覧
【2012/12/25更新】

現在の痛部屋 ver.4
【2013/03/23更新】

遊戯王OCG デッキ紹介
【2014/02/19更新】


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

人気サイトランキング



カウンター
カテゴリ

リンク
検索フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
結局ほとんどジョンは出なかった…
原作でのノワール、ランズボロー戦のような展開をここに持ってくるならジョンの出番もあるはず、と思っていましたが特にそんなことはなかったぜw


メリーもエンギも夢路もダメ…ならレオンが行くしかねえ!
ということでついにレオン参戦
腕からロックマンみたいに弾を発射して戦うようです
接近戦においてもなかなかのもので、善戦はしますがかすり傷を負わせただけで敗北
しかし自らが死ぬことで千鶴に持たせておいた銃に弾丸を装填
しかし人間である千鶴が引き金を引くと夢だけでなく心まで壊れてしまうとのこと
それでも千鶴は勇魚を守るために引き金を引き弾はミストルティンに命中

すごい効いてそうなエフェクトが出たのにミストルティンは無傷
チートだwそして飯島先生ビビりすぎww

無傷だったミストルティンを見て安心したのか倒れた夢路を蹴りまくる飯島先生
とんでもない先生だなw
「ヒャッハー!」って言いながら蹴り付けるのってなんか小物っぽいですよね

再び立ち上がったメリーはまたミストルティンに突っ込みますが、ミストルティンが放った絶望の蕾に飲み込まれて自分の中の絶望と向き合わされます
ミストルティンはただ強いだけじゃなくて「樹海」の名の通り植物を使ったトリッキーな攻撃もあったりして面白いですね

今度は夢路が立ち上がり自分の夢は「諦めないこと」だということを思い出し、そして「夢での強さは、想いの強さ」と言いその想いによりジョンが使っていた剣を実体化しミストルティンと戦います

武装明晰夢キター!!
このシーンかっこいいなぁ
でもジョンの剣って使いにくそうだよねw

ミストルティンの執拗な攻撃を何回受けても倒れない夢路

ミストルティンからは「キモい」、飯島先生からは「こいつ、本当に人間か!?」と言われていますw
まあ、何回攻撃されてもゾンビみたいに立ち上がりますし、この耐久力を見せつけられたらそりゃあ不気味でしょうねw

夢路の「メリーを信じる」という発言にメリーも絶望の蕾の中から復活、そして瀕死の傷を負っていたエンギも復活

一方のミストルティンは勇魚の夢魔を体内に取り込み人質にします
さっさと殺せば良かったのに…、いや殺してほしくないけどミストルティン的にはいつまでも放置しておくのは得策じゃない気がするんですよね

しかしながらメリーの謎の力により千鶴の銃弾が命中した場所から勇魚の夢魔が現れて無事に送り返すことに成功
最後はエンギがミストルティンを斬り戦いが終わりました

こっちは送り返さないのか!?と思いましたがよくよく考えたら飯島先生の夢はきっとロクでもないことでしょうし、まあいっかw


しかしながらミストルティンを倒しても千鶴の心は戻るわけでもなく、勇魚たちのことも忘れてしまったみたいです
「人間は何度でも夢を見れる」と何とも微妙な投げ方…
千鶴以外のミストルティンに夢魔を殺された人たちの夢もいつか戻るのだろうか…



さて、今回で『夢喰いメリー』も最終話を迎えたわけですが…
とりあえず今回も含めて後半からのアニメオリジナルの展開はけっこう楽しめたかな…
ただ最後がちょっと雑な感じがしてしまいます

レオンは死んでしまったし千鶴も心が壊れてしまったし、ミストルティンの犠牲者たちも報われてないし…

アニメオリジナルのキャラたちがなかなかいい味を出していただけにもう少し納得ができる終わり方を期待していました
特にレオンなんかは最初に出てきた時と今回の話ではかなり印象が変わったキャラです
もうちょっと前半あたりからアニメオリジナル展開への伏線を準備しつつ、完全に原作とは異なる展開でも良かったかもしれませんね

とは言えども主人公である夢路が持つ不屈の精神やメリーを支える姿など原作を読んで魅力的に感じた部分もしっかりと描かれていたので満足です

2期があったら絶対にまた観たい作品です
スポンサーサイト
漢字の間違いをこっそり指摘してくれる飯島先生
でも表情はダークだ…
喫茶店に住んでるのに「喫茶店」を間違えちゃうのはどうなんだろうw

前半は作戦会議で、物語後半にはついにミストルティンと対決です

レオンの銃の引き金を引くためにはレオンの命を代償として差し出さなくてはいけないようです
夢魔であるレオンが死ぬということは器、千鶴の心も壊れてしまうということになります
故にレオンは心を無くした器を探していたみたいですね
しかし勇魚との出会いで千鶴は心を取り戻してしまった

しかし千鶴はレオンを恨んでおらず、レオンもまた千鶴が心を取り戻したことを嬉しく思ったりもしていたみたいです

レオンは銃の弾を貯めるために夢魔が殺されるのを見過ごしていたりと冷酷なキャラなのかと思っていましたが、こんな一面もあるんですね
しかし『レ<●><●>J 』であるw
遊戯王のラフェールを思い出しましたww

ミストルティンは相変わらず圧倒的でエンギもメリーもやられてしまいました
エンギは刺されたもののまだ死んではいないみたいですね

そして残った夢路はエンギの剣を取りミストルティンに挑みます

無理ゲー…
ティエレンでガンダムに挑むくらい無謀ですw


次回が最終回
ハッピーエンドで終われるのかな?
そしてジョンは出るのか……!?
ついにミストルティンと対決、かと思いきや今回は軽くあしらわれて力の差を見せつけられただけでしたね

ミストルティンと飯島先生は他人の夢を刈り取ることをただ楽しんでいるだけみたいです
ここまで徹底したクズみたいな敵役も最近では珍しい気がします
そしていつものことながらオニギリでけえwww
あれだけでかいと相当しっかり握らないと食べ歩くのは難しいでしょうね
自分で握っているのだろうか…

勇魚の夢に無理矢理住まされた夢魔は

こいつを守りながらミストルティンと戦わなくちゃいけなかったわけですが、これはやりにくいですね

自分が生きていてもこの戦えそうにないが死んだら終わりなわけですし、ただでさえミストルティンは手強いのに足手まといの護衛対象がいるのでこの戦いはかなり厳しいものですね

メリーVSミストルティンはミストルティンがメリーを軽くあしらってしまい簡単に決着がつきました

この作品独特のスローな格闘戦で、割りと地味な戦いに感じました
地味だけど描写は細かいですね


メリーに止めをささないのは をどう殺すかに気が向いているからでしょうか?
でもとある傭兵曰く「獲物を前に舌なめずりをするのは三流のすること」らしいですよw


今回もやはり近くで河浪さんが見ていましたがいつも通り手を出さない…のかと思いましたが空っぽだった自分と友達になってくれた勇魚を守る、とミストルティンの前に立ち塞がります
しかし今まで他の人たちの夢が刈り取られるのは見殺しにして自分の友達の夢が狙われた時だけは助けに入るのか、と痛いところを飯島先生に突かれてしまい完全に迷いを断ち切ったわけではないみたいです

これに関しては完全に飯島先生の言う通りなだけにこれに対して河浪さんがどのような答えを出すのかが気になりますね

興ざめしてしまいこの場は見逃してくれたミストルティンと飯島先生
どうやらテストまで待ってくれるらしいです
テストまで、ってのが教師らしいですねwでも正直テスト勉強どころじゃなくなるからいい迷惑ですw


今回の戦いではメリーとミストルティンの間にかなりの実力の差があったように思いましたが、果たしてどうやってミストルティンを倒すのか…

次回『夢魔』


よし、現実の方でメシ島先生を闇討ちしちゃおう!!(マテ
河浪さんの夢魔が登場
何やらミストルティンに恨みがあるようですが、その恨みを晴らすにはあと一人の夢がミストルティンに壊されるのを見逃さなくてはいけないらしいです
次のターゲットが勇魚であることを知った河浪さんの心はレオンの復讐と勇魚を守る、という二つのことの間で揺れ動いているわけですね

河浪さんの勇魚への思いが意外にも強かったことに驚きました
勇魚が一方的に河浪さんと仲良くしようとしてるだけかと思いましたが、そんな勇魚の行動が少しずつ河浪さんを変えているんですね


今回夢路が勇魚のことでエンギに協力を要請していましたし、エルクレスもこれから先、あまり登場しなさそうなことを考えるとミストルティン戦は共闘になるのかな?

夢路が「メリーが送り返す」と言いながらも不安そうなのはやはり人質に取られているのが勇魚の夢だからでしょうね

エンギの言う「送り返すことは不可能」というのは信じない、と言いながらも心のどこかでは「もし送り返せていなかったら」という可能性がちらついているんだと思います

同じ部活の先輩であるメイの様子を見れば解決する問題、とか言っちゃダメww


こうなるとミストルティン戦あたりでメリーのスランプ克服、ということになりそうですね

ノワールが出なかったこともあるしランズボローさんはスルーっぽいかなw



今回は新しく登場した夢魔とか河浪さんや勇魚のこととかミストルティンに体を取られている時もひたすら食べ物を頬張る飯島先生とか色々ありましたが、何よりも印象に残ったのは





「男にはそういう夜もある…」

とクールに言うひろしことマスターです!
やっぱかっけえなぁ~!

せっかくのひろしがチョイ役なんて…と思ったこともありましたが今回はそんな役だからこそのシーンですねw

残り数話でどのような展開になるのかが楽しみです
「どうした吉田!?おい、大丈夫か?吉田!……ヘッ、なぁ~んてなぁ!グフフ…バカがwwバァ↑カがぁ!!フフフ…ヒャッハッハッハハハww」

闇・メシ島先生w
ついに本性をあらわしましたねw
しかし清々しいまでの屑っぷりだ…w

「先生の夢はメシを腹いっぱい食うことだ」とかいってた頃が懐かしい…

河浪さんはこいつをマークしているみたいですが、いったいどういう関係があるのかはよく分かりません
ただ少なくともメシ島の味方ではない、ということとメシ島によると河浪さん自身も夢魔の器だということは明らかになりましたし、今後アニメオリジナルの展開になるに連れて出番は増えていきそうですね

そして夢路、メリー、由衣、エンギはランズボローの白昼夢の中で夢魔が人々の夢に住む、ということを知ります
つまり夢魔を殺すとその器の人間の夢も無くなってしまうということですね
これが「夢無くし」と呼ばれるものの正体みたいです

メリーは自分は送り返しているのだから大丈夫、と思う反面エンギにはっきりと「そんなことは不可能だ」と言われたことが引っかかっているようです
メリーもエンギもけっこう精神的には脆い描写が多く、逆に夢路や由衣は彼女らを支えるシーンが多く精神的に強いことを表す描写が目立ちます
ランズボローが人々の夢のことを「一番迷子になりやすい」と言っていますし、そこに住む夢魔もまた精神が揺れやすいのかもしれませんね


今のところのアニメの展開ではランズボローとそのバックにいるであろうエルクレスと、人の夢をぶち壊すことに愉悦を感じているメシ島とミストルティンという二通りの敵がいることになります

しかし原作ではランズボローとの決着はメリーのスランプの克服という大きなポイントを挟むうえにもう一人強敵の夢魔が現れ、ジョンまで再登場し夢路にも新たな力が…というすごくボリュームのある内容となっているため、残り数話しかなくましてやもう一つの敵陣営が存在するアニメでのランズボローとの戦いはかなり扱いが難しそうです

アニメオリジナルの展開にするからにはミストルティンをアニメでのラスボスに位置づけるでしょうし、ランズボローの方に回す尺はなさそうな気がします
ならばエンギの一時離脱もなくもしかしたらミストルティン戦ではメリーと共闘も実現するかも、と思いましたが次回予告を見る限りエンギの一時離脱になる経緯は普通に描かれそうな気がします…

これから色々と魅力ある展開が期待できそうな気はするのですがいかんせん尺が…
いっそのことランズボローは出さない方が良かったようにも思います


多分次回でエルクレスをちょこっと出してその後は話の軸を完全にミストルティンの方にして最終話にミストルティンを倒したけどまだエルクレスとか倒さなくちゃいけない敵がたくさんいるぜ!的な流れになると勝手に予想します

次回あたりで河浪さんの秘密も少し明らかになるといいな
ドーナツ>勇魚から頼まれた夢路の付き添い

ドーナツに弱すぎるメリーw

チビピエロ…失礼、ランズボローにも、誰がドーナツ作るんだ!と言ってましたし、もう少し現界でドーナツを堪能してから夢に帰られてはいかがでしょうか?
ちなみに俺はポンデリングはあまり好きじゃねえ(聞いてねえ
おやっさんの地図てきとーすぎるww
行けばわかる、って…

行った先で由衣とエンギと再会する夢路
畳のような味がするお茶…
ごめん、その味解るわww
昔一回だけそんな味のお茶を知人から貰いましてね……その、まあ……あれでしたよ…

エンギは夢路に会うなり早々に土下座
それ、一応由衣の体だけど…

エンギも冷静になれば悪い人じゃないのですがどうも直情的で相手の言葉を聞かない節がありますからねw

メリーに由衣たちを合わせようとドーナツ屋に戻ったところで白昼夢に巻き込まれる夢路、メリー、由衣、エンギ

白昼夢の主はランズボロー
CVは吉野さん
ふざけているときの高めの声と低くドスの効いた声の使い分けが絶妙です

今回登場したランズボローの器は水着回で出てきてチャラ男

モブを使い捨てにしないこの漫画の方針はけっこう好きです
しかも見た目チャラ男だけどけっこうしっかりした中身なんだよね、この人


夢路たちとランズボローの戦いも気になりますがそれよりも気になるのが、より怪しさを増したメシ島先生

そして勇魚が危ないかも…


だんだんアニメオリジナルの展開が楽しみになってきました
次回、どうなるか…
ミストルティンが女の子だったのに驚きました
しかも可愛いw
エルクレスのダンナみたいなのを想像していたので意外でした
けど思い返してみればOPに普通に出てるじゃないか…
何故気づかなかったんだろう



今回は水着回でした

水着回ながらも前半の最初の方にちょこっとだけメリーさんのメイド服姿も

メイド服→スク水のコンボで沈む人も多そうですが残念ながら俺は勇魚派だ(キリッ


河浪さんまで参加していることに驚きました
今回の話を見た感じだととても悪い人には見えないんですよね…
でもアニメオリジナルの夢魔であるミストルティンの器となる人物はアニメオリジナルキャラ以外有り得ないわけでそうなると河浪さんか顧問の先生しかいないわけで…

そう言えば今回ミストルティンが現れた場所周辺には河浪さんも先生もいた訳ですよね
これはいよいよ河浪さんはミスリードの可能性が…
まあ、私だけ踊らされていて他の視聴者の方はもう気付いてるZE☆ってな可能性の方が高いでしょうねw


今回ついに現れた樹海・ミストルティン
あのSっぷりがいいですねw
狂ったキャラ全般が好きな私としてはけっこう良かったです

ミストルティンが女性だったことにも驚きましたがマサル君の夢魔が見かけによらず良い奴なうえにイケメンボイスすぎて吹きましたw
まあ、あっけなく殺られちゃいましたが…


夢路がメリーを探して連れ戻すシーンは原作同様とても良かったです
メリーの表情はけっこう細かい場面でも原作での微妙な照れ顔などを忠実に再現してくれるのが嬉しいです

次回は光凪さんとエンギの再登場です
エンギとの戦闘で追い詰められたメリーを庇い倒れた夢路

夢路曰く「男なら一度はやってみたいシチュエーション、第2位」とのことですが第1位はなんなんでしょうかね?
やっぱりドモンみたいに全世界に中継されながら愛の告白をする、みたいな感じなのでしょうかw


夢路が倒れてぷっつんしたメリーはエンギの白昼夢の空間を破壊
ネギまのマジックキャンセル、禁書の幻想殺しみたいな能力なのかな…後者はあまり知らないけどw

白昼夢内で倒れていた夢路も現界では意識を取り戻し無事に帰宅
かと思いきや部屋に戻りベッドに倒れてしまいました

激しい精神の損傷で意識を保っているのもやっとなはずなのにメリーを心配させないために平気なふりをして家まで何とか耐えていたわけですね
このシーンは夢路の精神力の強さやその性格が分かりやすく表現されているので原作でもすごく好きなシーンの1つです

倒れた夢路は再び白昼夢に巻き込まれます
そしてその白昼夢の主は我らがジョン・ドゥ!
相変わらず声が渋いっ!かっこいいなぁ


「我が輩はお主に興味がある」
アッー!

ジョンは5巻のあたりに良い見せ場があるのですがアニメでそこまで行くかは微妙ですね…

今回ジョンの口から「ミストルティン」という夢魔の名前が出ました
これは今のところ漫画の方には出ておらずどうもアニメオリジナルの夢魔っぽいです
エルクレスと同等の力を持っている、ということからアニメにおけるラスボスポジションに設定されているみたいですね
下手に原作を完全再現すると中途半端で締まりのないまま終わってしまいそうですし、これはいいことだと思います

問題は誰の夢魔かということですが、これもまた今までの描写を見るにアニメオリジナルキャラである河浪さんが有力かな?
ただもう一人アニメオリジナルキャラで顧問の先生がたびたび登場していますしこちらが器で河浪さんは別の夢魔の器、というミスリードの可能性も…


何にせよオリジナル展開はオリジナル展開で割りきって満足するだけです
次回も満足させてくれよ?
各シーンでのメリーの表情が原作に非常に忠実で感動しました
が、その反面戦闘のクオリティはイマイチ…
話の幕引きも今回はどうも微妙

全体的にアンバランスな回に感じました

今回新たに物語のメインキャラクターである由衣とその夢魔・エンギが本格的に登場しました
エンギの姿と由衣のどこか抜けた感じからネギま!の刹那と木乃香を思い浮かべてしまいますw


エンギの剣の名は霰茄子…
すごくかっこいい武器なはずなのに名前が…

素晴らしい名前の剣とそれを使いこなす素晴らしい技量を持つエンギに対して素手で圧倒しちゃうメリーさん

ついには真剣白羽取りで剣を受け止めてしまいます
この時、剣が折れるわけではなく消滅したような描写がありました
これも「送り返す」という行為なんでしょうかね

自信満々で「送り返す」と言うメリーに対しエンギは「夢魔を送り返すことはできない」とメリーさんの10年間を全否定…

そりゃあ呆然としたくもなるでしょうが、ちょっと前に「ヤワじゃない」と夢路に言っていたのですからもう少しメンタルの強い面を見せてほしかったです
まあ、その代わりに主人公である夢路が持つ圧倒的な精神力の強さがこの漫画で好きなところだったりするんですけどね
アニメのオリジナル展開がどうなるかは分かりませんがこの部分が変わってしまったら萎えるかもしれません


呆然としているメリーが斬られるのを身を呈して庇った夢路
行動力も半端ないけどこれはマジで痛いじゃ済まない…
でも夢の世界だし現実では案外ダメージはないのかも…

と、気になるところで今回は終わり
しっかりと次回予告で「倒れた」と言われてますw

次回は中田さん演じるジョン・ドゥが出るので見逃せません!
メイ先輩がメインの話です



……ごめんなさい


あっさりとメリーに協力の申し出を断られてしまった夢路
しかし次の日部活を終えてカラオケに行こうとすると学校に不法侵入して教師に怒られるメリーの姿が…

夢魔を探しに来たというメリーに対し「うちにそんな生徒はおらん!」と怒鳴り付ける教師
「むま」を人の名前と捉えるとは…w


夢路に紹介されて早々にどうみても(外見は)年上なメイ先輩を呼び捨てにするのがメリーらしいですね
そもそもメリーの実年齢はどのくらいなのだろうか…
原作では現界に来てから10年以上と言っていましたが見た目は変わってないあたり年をとっても見た目は変わらないのかな

しかし原作の冒頭、アニメのOPでメリーの小さい頃と思われるの姿が見られますし、テイルズ オブシリーズのハーフエルフみたいに一定の年齢までは年を重ねるごとに見た目も相応に変化するけどある段階からしばらく年を重ねてもそのままの姿、といった感じなのかもしれませんね


メイ先輩の挙動に不信感を抱いた夢路
メイ先輩は中に潜む夢魔の器にされてしまったようです

このシーン、原作だと夢路が指で輪を作りメイ先輩を見るとメイ先輩の体が禍々しい模様みたいな風に彩られていて始めてみたときはゾッとしました

メイ先輩を器にした夢魔・クリスに挑む夢路ですが力量が違いすぎ歯がたちません
ナチュラルがコーディネーターに勝てないのと同じ理屈でしょうかw

勝ち目がない夢路に代わり代打として現れたのはメリー
今回もメリーによってクリスは一撃で送り返されてしまいました

送り返す条件、というか何をトリガーにして送り返しているのかがイマイチよく分からないのですがとりあえずつねったり、殴ったりすると一撃で向こうに帰るみたいです
ただジョンは踵落としをくらいながらも無事みたいですが…

きっと使い捨てキャラか否かの違いで(ry



次回はいよいよエンギさんかな
新たな夢魔が登場
メリーが現界に来てから5人目に遭遇した夢魔です
今まで探しても探してもたまたま遭うことしかできなかったのに夢路と関わった途端に早くも2人と遭遇

これはコナンがいるから事件が起きる、に似ている感じでしょうかw


夢路とサナの会話…夫婦みたいですねw
そして何故に特撮ヒーローが占い??
斬新だけど子ども受けはしそう


今の時代に缶けりか~懐かしいなぁ~
と言いたいところですが私、缶けりやったことないんですよね…w
おやっさんの「黄金の左」吹いたw
「ハスタキック」みたいなものか…


ロリ…じゃなくて小さい子にと缶けりをやる学生と夢魔
何とも微笑ましい光景なのですが現実では通報されかねないので気を付けましょう

夢路たちと缶けりをした少女みなとの中には夢魔・イチマが潜んでいました
梨花ちゃんの怖い版…梨花ちゃん/バスターと命名させていただきます

効果…百r(ry

梨花ちゃんみたいな外見ながらもレナみたいな成分も含んでるみたいです
その上ヤンデレ属性まで備えているとか厄介すぎるw


ジョンとの戦いみたいなのを想像してたら一瞬であっという間にケリがつきました

決まり手・頬つねり…


みなと「お友達がいなかったのはイチマちゃんの方だったですね…」

無垢な心故の残酷な言葉…

イチマ「なぁにぃ!?」

当然怒られますw



メリーに協力を申し出たのにあっさり断られた夢路の表情が可愛いw
捨てられた子犬みたいな雰囲気を醸し出していますw



物語の最後にはエンギさんが登場

刀、羽根、誰かを守るナイトのような雰囲気

…桜咲刹n(ry


次回第4話は『夢喰いメリー』
実はメリー、この名前意外と気に入ってるんですよねw
夢喰いメリーの第2話の感想です



とりあえず…



DVDでは泡は消えるのか!?答えろルドガー!!


「飯は賑やかに、ってのがウチのルールだ」

サナの父親がすごく渋カッコイイ!!
声もいい感じです
まあ中の人はヒロシの人なので声がいいのは当たり前かw
このアニメの魅力は渋キャラに詰まっているのかも…
おやっさん然り、ジョン然り…


間が悪いことに風呂場のドアを開けてしまった時の夢路の顔と声に吹きましたw

そしてサナが可愛いです
メインヒロインをメリーと置くと幼なじみのサナは報われない幼なじみポジションになってしまいそうなものですが、メリーはヒロインというよりかはもう一人の主人公って感じなのでこの先どうなるかに期待がかかりますね



賑やかな食卓のシーンから急に場面が変わり一人の少女の話に…

アニメ版にはオリキャラが多数いるみたいでその一人なわけですが、このオリキャラ…これ以降出番ないですよね…多分
言い方は悪いかもしれませんがよくあるアニメオリジナル展開用の一話限りの使い捨てキャラだと思います

あんまり書くと物語の重要な部分のネタバレになりますが共存させている夢魔がやられたってことは……ねえ?

オリキャラが入ることで当然物語の本筋に関わる部分も変わってくるわけですが、メリーが缶を開けられないシーンは残ってて良かったです
原作を読んだ時はあれに心を奪われてしまいましたw
萌え死ねるよね


初めて食べたドーナツの味に感動しているメリーの人差し指に輪投げのようにドーナツをかけていくサナに和みましたw
でも寝る前にあんなに食べたら虫歯になりそうだよね…w


後半に入ると夢路のクラスに転校生という形でオリキャラ・河浪千鶴が入ってきました
こちらはわりと長く物語に関わっていきそうな感じです

私はメリーと同じく夢魔だと予想していますが…

さりげなくモブ男子が「俺の隣、空席だぜ!」って感じのアピールをしてましたねw



最後の夢路の「メリーを助けてやりたい」という思いとメリーの「助けなんていらない」という思いの対比のシーンがいいですね
今後二人がどのようにして距離を縮めていくのかが気になるような締め方です


次回『夢の向こうから』

君は……!
梨花ちゃん…?(違います)
こちらではやたら遅くスタートなこのアニメ
完全に忘れてましたがISと同じくらい楽しみにしていた作品です


とりあえず観てみましたが面白いですね
視聴継続決定です

他のアニメに出てきたらマスコットキャラになりそうなコミカルな猫が周りの場所と主人公が置かれた状況によってああまで怖く見えるとは…
あんな夢を毎晩見続けたらおかしくなりそうですねw

出演されている声優さんは知らない方が多いのですが結構キャラに合ってる感じですね
そして中田 譲治さんの演技が光ってますねw

あの渋い声がたまらない!
仮面はまだまだ出てきそうですし楽しみです

仮面だけじゃなく登場人物の着ている服のデザインが独特で気に入りました
でもメリーのあの尻尾みたいな布は戦いの邪魔になりそうですねw


OP、EDは両方とも好きですが特にOPのイントロ部分がすごくカッコイイです
26日にCDが発売みたいですし、買おうかな…



次回は『夢もキボーも』
これを観たあとすぐに原作を買ってきたのは内緒ね(ぉ
// ホーム //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。