プロフィール

かのしょー

Author:かのしょー
アニメの感想やホビー関連が
メインです

当ブログはリンクフリーです

相互リンクは常時募集中です
相互リンクをしてくださる方は
こちらへお願いします

おすすめのアニメ・ゲームがありましたら下の記事にコメントしていただけると嬉しいです

視聴済みアニメ一覧
【2014/02/19更新】

クリア済みゲーム一覧
【2012/12/25更新】

現在の痛部屋 ver.4
【2013/03/23更新】

遊戯王OCG デッキ紹介
【2014/02/19更新】


にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

人気サイトランキング



カウンター
カテゴリ

リンク
検索フォーム

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDの時に流れたシーンが一番観たかった場面な件

これから戦争とかシオンを救う方法を模索したりとかで盛り上がってくるはずなのに…
もう少し省けるところを省けば…とも思いましたがどのみちここから先を描いても今より中途半端な形で終わるだけでしょうしこれは割りとすっきりした終わり方なのかも…

中盤あたりでキャラや勢力が出揃い各々の立ち位置がはっきりした辺りから面白くなってきただけにこの2期に続きそうな終わり方には期待したいです
今までずっと観てきたことにより愛着も沸いていますし、何より剣と魔法の物語ならバトルシーンがあってこそだと思うんです

これまでの24話はそういうシーンはあまりなかったのでこれから起こるであろう各国の戦争に期待したいわけです
そしてその戦争の中、シオンを救う術を探して旅をするライナとフェリス…激アツじゃないですか!

特にフェリスはラスト数話で一気に可愛らしい面が描かれていたのでライナとフェリスのこれからがすごく気になっていたりします

2期がもしあるならば是非観たいものです
スポンサーサイト
前回の寂しげな次回予告からは想像できないほどのギャグ回(最後以外)

何だかんだで皆、仲いいじゃんwと感じました
クラウさんとミランさん、ライナと追撃隊のメンバー
前者はただ単に性格上合わないだけですが後者には色々な因縁があったはず…
そんな彼らが国王であるシオンの誕生日を盛大に祝う、という目的のために力を合わせるというのが見ていてすごく和みました
シオンの求心力の程も伺い知れますね
とは言っても反対派の貴族は全部始末しているから国の殆どはシオン派なんで当たり前なんですけどね…


そして若干ミランさんがキャラ崩壊しているような…
主に高らかに笑ったシーンとか

「頭の中身を極限まで軽量化することに成功しているあなた方」という発言には思わず吹き出してしまいましたw

愛すべき脳筋のクラウさんの賑やかな言動もミランさんのいちいち嫌味なしゃべり方も今回で最後かというと寂しいですね

フェリスの「団子神」とは何なのだろうか…
唯一神みたいなものかな?


花火が打ち上がったときから流れ出した挿入歌「Energy」がすごく良かったです
しかしその後にあんな展開が来るとは予想も…まあ、つきますよねw

黒いシオンを見てからどうもシオンの全ての言動を疑いながら見るようになってしまいました…


次回が最終回なのですがこの作品は締め方が相当難しいと思います
区切りの良さそうなところで終わらせるにしてもアニメオリジナル展開にするとしても…

出だしこそあまり良くない始まり方だったこの作品ですが今度は終わり方に注目したいです
「終わり良ければ全て良し」とは言いませんが、最後の締め方でこの作品に対する評価はだいぶ変わってくるように思います
次回に期待です
前回のラストでナイフみたいなもの心臓をプスリとされたライナ

それを目にしたフェリスは激昂してライナを刺した人物リューラ・リュートルー公爵に襲いかかりますがあっさりと返り討ちにされダウン


何このおじさん(お兄さん?)…すごく強いんですけど…
二人とも死んでないみたいですがライナの精神はよく分からない空間に…

何か不気味な場所だなと思っていると突然《ヴァイロン・デルタ》っぽいデカい化け物が現れました
何か無駄に大きいけど各パーツは細いし意外と耐久力なさそう…w

これが「αという名の獣」なんでしょうか…
ライナが暴走した時に聞こえる声の主はこいつっぽいですね

ライナの中に封印されているのかな?
全ての式を解く者であるライナを殺したいみたいですがその場はライナの母親だと思われる人物に邪魔されて失敗

目覚めたライナの左胸には謎の刻印が…
公爵がライナを刺した時に使ったナイフは何か特別なものだっのかな?

ライナの隣で目を覚ましたフェリスが可愛い件
ギャップ萌えですねw

初めてフェリスというキャラを見た時はこのギャップ萌えがいつ来るのかと期待していましたがここ最近になって一気に来ましたね

その一方でシオンは自分と向き合っていました
あのミランさんでさえ置いてけぼりにするシオンの豹変…

ガスタークの話を聞くとシオンが堕ちた黒い勇者みたいですね
最後にライナたちがいる場所に現れた兵士たちはシオンが差し向けた者たち、なんだろうと思いますがライナはどんだけ人気あるのさw
色んな人や化け物から狙われたり、ガスタークで拘束されたヒロイン候補がライナを助けるために動き出したりと主人公らしく物語の中心にいますね

ここから面白くなっていきそうなのですが放送はもう終わり…
次回『最後の日』
どう考えてもハッピーエンドとはいかなさそうですね…
ローランドに戻ったライナが目にしたのは…



山積みの書類w
と、何が変わったシオン


シオンはあれだけの書類を今まで一人で片付けていたのでしょうか?


新たな腕を手に入れたクラウさん
何か怪しいですね…特に色がww
使ったら体にダメージ、とかありそうな外見です

が、今が幸せそうなのでいいんですよ、多分
多くの視聴者が「俺と代われ!」と叫んだに違いありませんw

もう一つ視聴者の目を釘付けにしたのが拘束されたキファ
あのドレスのままかよw
ていうか今まで着ていた服はどこに行ったんだろう…
あの王様のことですから殺すことはないと思います


雰囲気が変わってしまったシオン
何か笑ってるシーンでも心から笑っていないように見えます



残り数話で終わりですが、原作はまだ完結していません
こうなるとアニメの終わり方が気になりますね

原作通りに進めて適度なところで終わりにするか、アニメオリジナル展開で終わらせるか

後者は良かった例があまりないので多少曖昧さが残っても前者の終わり方をしてほしいです

残り数話も楽しく観れるといいな
芝居がかった立ち振舞いも相まってかピンクが異常にうざい件…


王様を見るとそうでもなさそうなのですが、今回の短髪ピンクを見るとガスタークは完全に悪勢力ですね…

ほとんどが戦闘描写の今回でしたがそれだけにフェリスのライナへの言葉が際立って見えました

「バカが…お前が死んだら…寂しいだろうが…」

珍しいフェリスのデレ(?)です!
今回の一件で仲直りして絆も深まったようですね

何気にライナ、フェリス、ルークの組み合わせがいいと思ったのは私だけでしょうか?

今回もティーアは見かけ倒し感が酷いですね…
相手が悪いうえに仲間を守りながらなので仕方がないんですけど、ね……

何かに目覚めたライナとは対照的にシオンがそろそろヤバいw完全に病んでそう……


で、「全ての式を解くもの」「勇者」ってなんですか…?
結晶化に関してもイマイチ理解しきれてないのですがこれは原作を読めってことでしょうか?
残り数話では詳しく説明している余裕はない、ですよねw



次回予告を見るとクラウさんに新たな腕が!
何か禍々しいぞ……
フェリスとシオンの元を離れてティーアと共に魔眼保持者の仲間の元へ向かうライナ


そこには仲良く遊んだりありふれた日常的な会話をする子どもたちが…

魔眼を持っている、というだけで化け物扱いされ忌み嫌われる殺害される子どもたち
そして結晶化して取り出した魔眼をコレクションのように収集するガスタークの人間

ティーアも言っていましたがどちらが化け物かわかりませんね…
クラウの部隊を無差別に殺害して笑いながらクラウの右腕を奪ったティーアを見たときは嫌悪感を抱きましたが、今回の話を観るとティーアの気持ちも分からなくもないと思いました

ティーアはともかく何もしていない子どもたちを虐殺するガスタークはその背景にどんな理由があれ、今の段階では「悪」と映ってしまいがちです
が、その一方でガスタークの王は自分の身体を犠牲にして戦争を終わらせようとしていますし、部下から信頼されている描写もあります
最初は王の知らないところで部下が勝手に…というパターンかと思いましたがそうでもないようですし、ティーアたちの方に感情移入しやすい描写がけっこうあったこともあってかどうしてもガスタークを「悪」と捉えてしまいたくなります


ティーアは「殲滅眼」を持ちクラウを圧倒するという形で登場し強キャラっぷりをアピールしましたが、ピンクさんの持つ忘却欠片には無力だったりするようです

次回でまた一戦ありそうですが、一回勝てなかった敵にどうやって戦うのかが気になります
それ以前に次回はルークもいるしフェリスも絡んできそうなので面倒な事態になりそうな予感です…


ギャグ系や日常系のアニメが多い中でしっかりと物語を描いているこの作品がここに来て面白さが出てきて光っている感じがします
今が一番面白い時期かな
次回も楽しみです
重要そうな回なのに作画微妙……
というかいつもと雰囲気が違う、のかな?


観直してみるとライナがフェリスたちと別れたシーンは他の道になかったのかな、と考えてしまいました

シオンには国を守る責任がありますしシオンはライナのことをよく知っていて友人だと思っていてもあそこにいる兵からしてみればクラウを圧倒的な力で退けたティーアと同じ化け物でしかないわけですし、それを知っているからこそティーアはわざとああいう言い方をしたんでしょうしね…

「テイルズ オブ シンフォニア」で「差別は心から生まれる」「自分と違うものを認められない心の弱さ」といった言葉が出てきましたが、自分たちを脅かす程の力をまざまざと見せつけられたら恐れるな、自分たちと変わらない、と言われてもなかなか受け入れられないんでしょうね……

国の経済や治安はシオンの力で少しずつ変わり始めていますが人の心に根付いた差別の問題の解決には時間がかかるでしょうね
今回のことでさらにシオンが思い悩みそして闇堕ち…という流れが来そうで不安です
今回は意味わからないくらい腕を動かす元気を見せたシオンですがこの姿があと何話見れるのか…w

次回からまた新しい展開かな?期待です
魔眼にも色々種類があるんですね
今回登場した「殲滅眼」は「複写眼」よりも危険な感じが…


とりあえず今回の内容を箇条書きにすると

・ライナェ…
・殲滅眼が強えw
・クラウさん無事生還
・ルークさんも強えww
・ミランさん何しに来たの?

こんな感じでしょうか
ルシルとルークに苛められたからライナが拗ねちゃったじゃないですか…
次回予告では殲滅眼の人と会話するようなシーンがありましたが、どうなるんでしょうかね?
クラウさんもかなり強かったのですが相手はさらにその上だったみたいですね
「美味しそうに育った」って……
あの戦闘シーンは画面や音の切り替えの演出が良かったです
一瞬無音になるところとか何回も観てしまいました
殲滅眼の化け物からクラウさんを逃がすために時間を稼ぐ部下たち……クラウさんが信頼されている、ということが分かるシーンでした

今回ついにルークも実力を見せてくれました
何かありそうなキャラでしたがミランさんの動きをああも容易く封じてしまうとは…
どうするの、ミランさん?

今後は国同士の戦争以外に魔眼を持つ者どうしやそれに関わる人物の対面も増えてきそうですね
ライナ……

ライナの精神面のダメージがやばそう…
そしてホントにヤバいフェリスの過去
ここ最近の話が明るい感じだっただけに一気に暗くなったように感じました

ミルクが絡むシーンはコミカルなのにそのミルクすら最後のあたりで危険な予感が…

謎が多かったフェリスの兄・ルシル
今回はけっこう出番があったのに余計に謎が深まった気が…


次回予告の映像でクラウさんがすごい形相で戦っているのを見るとここから本格的に戦争になっていくのかな、と思ったりします
次回でクラウさんが死なないか心配ですw
イリスのライナに関する観察日記(?)という形でここまでの物語を振り返るみたいですね

要するに簡単な総集編ですね
もう少し勢力ごとに所属する人間とか各キャラの立ち位置を詳しく説明してほしかった、というのが本音です

イリスの視点なのでライナがすごく可哀想な扱いになってます…

子どもに魔法を教えたら「戦闘兵器に仕立てあげた」と言われてしまっています、酷い言われようですw


今回のまとめ話でいかにライナの扱いが酷いかということとフェリスの団子にかける熱意のすごさが再確認できましたw

次回はまた物語が進みそうですね
物語が始まるといきなり海を漂流中のライナたち
……思わず前回がどんな話だったか考えてしまいましたw


今回の話は最近少しずつ目立つようになってきたミルクの隊のルークがまた地味に出番が多かったですねw
何かありそうなキャラなのですが今はミルクやライナのせいで苦労するかわいそうな人にしか見えません…

ライナたちは久しぶりにローランドに戻って来たみたいです
久々にシオンとの絡みも見れてよかったです
しかし王様の部屋に勝手に入ってドアに本のトラップを仕掛けて王様のベッドで爆睡とは…

シオンもライナと話したことで久しぶりに笑顔を見せます
精神的にも肉体的にも追い詰められた日々が続くシオンにはライナが必要でありシオンはライナが自分から離れていくのを恐れている…



って今回あまり出番がなかったミランさんが言ってました

ミランさんの最後の台詞を聞いたところまたライナとミランは戦うことになりそうですね

まあミランの出番が増えるならいいかw

次回は『いりす・れぽ~と』
2話続けて間の抜けたタイトルですねw
先週からの新しいOP、けっこう好きです
一緒に流れている映像の方は微妙ですが…


複写眼を持つことに苦悩する少年に自分の過去と自分の考えを語るライナ
最初からシリアスです

ククを助けに行くと言うライナに自分もククを助けに行きたいと言い、ライナを先生と呼び教えを請おうとします

が、「危ない」の一声と共に現れたフェリスによってそのシリアスな雰囲気も破壊されます
フェリスの中でのライナの扱いって……

これからもライナにはどんどん新しい設定が追加されて行きそうですねw


フェリスから数日かけて戦う術を身につけたアルア(ライナからじゃないのがポイント)
いよいよ貴族の館に潜入です


潜入しても待ち伏せはありませんでしたが代わりに例の兄妹がお出迎え
スイは自分たちがガスタークの人間であることを明らかに……ってバラしたってことは逃がさないってことですよね、やっぱw

なかなか戦いには入らず自国の王の自慢大会に…
ガスターク、ってことは王はあのピンク陛下ですね
ライナやアルアの複写眼を狙ったり、勇者の遺物を手にいれるために多くの命を奪ったのも全部ピンク陛下の命令なのかな?
前回の話を見た限りだとそんな人には見えないけど…

交渉は決裂しようやく戦いに
前から相性の悪い相手ですが今回はライナたちが有利な展開に…

伏兵として忍ばせておいたアルアの攻撃をライナが操れるようにしたことでライナは一度に2つの方向から攻撃できるようになっていたわけですね

しかしその作戦もわりと早くバレてしまいます

そして複写眼との戦いを不利と感じたスイは人質のククを殺してアルアの自我を崩壊させることにします
止めようと正面から突っ込むライナ、しかし間に合わない……と思ったら突然どこかで見たことがある魔獣が現れてスイの左腕を落とします

……これは…ミランさんですねww

ミランさんはいつものノリで兄妹を始末しようとしますがライナに阻止されます
ライナの考え方云々よりもこれ以上悲惨な光景を見たらアルアの自我が崩壊しそうな気がしますしね…

ライナたちとミランさんは一回戦ったことがありますが今回は何事もなくミランさんは撤退

結局ミランさんのおかげでククも助けられましたし結果オーライです
ちなみにライナはアルアとククをミルクたちの隊に押しつけるみたいですw


そして最後はまたまた悩むシオン
たまに映っては悩んでばかりですねwこっちの方が精神的に持たなそうな気がします…


しかしそのシオンも次回は久しぶりにライナと対面するみたいです

次回『きる・ざ・きんぐ』
……kill the king、ということなのでしょうが間の抜けたタイトルと予告映像を見るに次回は息抜き回かな?
OP変わってる!!

これから始まる戦乱を予期させる内容になってますね
が、前の方が好きかな…

今回の話は2年前、ライナがローランド 王立軍事特殊学院にいた頃の話ですね
久々にキファも登場です

ライナは入った頃からずっと昼寝してばっかなんですね


キファの14歳の頃の話も少し出てました
三姉妹でスパイ活動をしていたのがバレて足止めを買って出た姉は殺されてしまうという悲惨な過去があったようです

にしても姉を殺した兵士、いくらなんでも残虐すぎる気が…
間違いなく精神的に不安定であろう彼はあの後も軍に居続けられたのだろうか…?

回想の中ではたっぷりと昼寝を堪能したライナでしたが現在は過労死寸前の状態に…
頼むから寝せてあげてww


そして現在のキファは戦火の中でピンクの髪をした「陛下」と呼ばれる人物と対面

前回の話からピンク=怪しい奴と思ってしまう私がいるw
今回のピンクは割りとまともみたいです

自身の左目をリリースして聖剣の力を行使し敵に立ち向かい降伏を促すという熱血漢
しかも既に同じように嗅覚と右足もリリースしているようです
ピンク陛下、レファルはキファに戦争を無くしたければ俺の元に来い、と言いますがキファはまたいずれ、と返します
これからこのピンク陛下の出番も増えてきそうですね

場面は変わりローランド

シオン、クラウ、ミランのいつもの組み合わせ
ミラン曰くクラウは「信じられない単調さで軍部を引っ張っていけるから元帥は適任」だそうです

絶対バカにしてるだろ、それww

シオンはノアの人望を利用してクラウにエスタブールの軍部を取り入れさせようとしますがクラウに大反対されます
そりゃあ嫁を利用したくはないですよねw
でもその嫁はシオンの熱意に打たれてその計画に賛成

ミランはまた単独で次の任務に移るみたいです
まあ流石に前回のようなピンチは滅多にないと思いますが不安ですね
ミランは最初はどうでも良かったのにけっこう好きなキャラになりつつありますw


ライナ、フェリスは例のピンク兄妹、スイとクゥに待ち伏せされていて再び戦うことに…

といってもここは複写眼の子どもを守る、という意味でも撤退が正解
さっさと撤退する二人ですが敵兵の襲撃にあい二手に別れて逃げることに…

帰り際にスイに探している少女の居所を聞かされたライナ
当然そこで再び戦うことになるんでしょうね

次回に期待です

EDもしっかりと変わってますね……ってキャスト表記が日本語になってるwww
流石に不評だったか…
ようやくキャラが覚えやすくなりそうです



そろそろ総集編とかで各国の立ち位置などをまとめて欲しくなってきました…
キャラ多すぎなうえに1クール目のエンディングのキャスト名が英語表記なせいで覚えにくいんですよねw
// ホーム // 次のページ >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。